携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

iphone7の防水防塵機能はどのぐらいすごいのか!?

f:id:takeiteasy7:20160920115304j:plain


iphone7の公式発表記事で深く触れませんでしたが、iphoneシリーズでは初めて防水防塵機能が備わりました。
防水防塵と名ばかりで、水没してしまう携帯もこれまでにはありましたので実際どの程度防いでくれるのかは気になるところです。

 



takeiteasy7.hatenablog.com

携帯、スマートフォンは水没は補償対象外

もはや常識だと思いますが、apple、大手キャリアでは水没による故障は補償の対象外となっています。
携帯電話、スマートフォンは精密機械で、水没してしまうといくら乾かしても、中の基盤が錆びてしまったり腐食してしまいいずれ使えなくなってしまいます。
ガラケー時代から防水防塵機能付き携帯がありましたし、androidでも販売していますが、iphoneシリーズでは初めての実装になります。
※防塵とは ほこりやちり、砂などの細かい物の本体内への侵入を防ぐ機能です。

iphone7に搭載されている防水防塵「IP67」とは

IEC(InterNational Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)規格で、防水防塵をテストし、等級分けしています。
それを表記したものが「IP(Ingress Protection(侵入に対する保護))」+「数字」の組み合わせになっています。
十の位が「人体・固形物体に対する保護(防塵)」を6段階で表示してあり、数字が大きくなるほど保護されていることになります。
一の位が「水の侵入に対する保護(防水)」を8段階で表示されてあり、数字が大きくなるほど保護されていることになります。

防水に関しては完全ではないので、水中での使用には向いていないと思います。
誤って落としてしまったり、水がかかってしまうことに対してからは故障を免れることが出来る程度に考えておくのが良いと思います。

下記が防水防塵の数字と内容になりますので、参考にしてみてください!

防塵等級

等級 定義
0 特に保護されていない
1 直径50mmを超える固形物(人体の手足など)が内部に侵入しない
2 直径12.5mmを超える固形物(人体の指先など)が内部に侵入しない
3 直径2.5mmを超える固形物が内部に侵入しない
4 直径1.0mmを超える固形物が内部に侵入しない
5 悪影響が生ずる程度の粉塵が内部に侵入しない
6 粉塵が内部に侵入しない

防水等級

等級 定義
0 特に保護されていない
1 鉛直に落下する水滴を受けても有害な影響がない
2 鉛直から15度以内の範囲で落下する水滴を受けても有害な影響がない
3 鉛直から60度以内の範囲で水滴が噴霧状に落下しても有害な影響がない
4 あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響がない
5 あらゆる方向から噴流水を受けても有害な影響がない
6 あらゆる方向から強い噴流水を受けても有害な影響がない
7 一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない
8 連続的に水中に置いても有害な影響がない