携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

スマートフォンも折り畳み式の時代がもうすぐ来るかも!

スマートフォンとしての画面の最大サイズとしてはiphoneのplusシリーズや、Googleのpixel XLなどで5.5インチ程度だと思います。
しかし、近年では4K映像などで、現在のスマートフォンの画面サイズでは足りませんが、これ以上大きくすると片手である使えなかったり、通話時など不便になってしまう可能性があります。
そこでSamsungやAppleは必要な時にディスプレイを拡大出来る折り畳み式に力を注いでいるようです。

目次

曲げることができる『OLEDディスプレイ』

OLEDディスプレイ

2017年に発売されると噂されているiphone8にも有機ELディスプレイが搭載されるのではないかと言われていますが、現在の液晶ディスプレイの画質を大きく上回る次世代ディスプレイとして注目されています。
しかし、量産体制が整っていないことや、コストがかさんでしまうことからまだ搭載機種は少ないです。
Galaxy S7 edgeや、爆発事件を起こしてしまったGalaxy Note 7では、OLEDディスプレイを採用して両サイドが曲線になったデザインのスマートフォンになっています。

Samsungは2013年ごろからすでに開発を進めていた

Samsungは2013年ごろからOLEDディスプレイをスマートフォンに搭載することを研究していました。
これまでも折り畳み式でマルチディスプレイのスマートフォンは存在していましたが、液晶を別々に2枚つけていただけなので、どうしても折目部分には液晶が無く、大画面で動画などが見れるような状況ではないものでした。

SamsungOLEDディスプレイ

しかし、SamsungはOLEDディスプレイの曲がることを利用して、一切つなぎ目の無い折り畳み式ディスプレイを搭載したスマートフォンを早ければ2017年には発表するのではないかと言われています。

Appleは折り畳み式ディスプレイの特許を取得

カーボンナノチューブ構造

Appleが2014年8月に申請したもので、「カーボンナノチューブ構造あるいはカーボンをベースとした他構造による電子デバイス」というタイトルで申請をだしているようです。
画像を見る限りではSamsungのコンセプトデザインと似ている気がするので、また裁判沙汰になるような気もしますが…
更にAppleはipadやmac bookにもカーボンナノチューブ構造を利用したディスプレイを将来的には搭載したいようです。

まとめ

映画などの動画を見るときは画面を拡張してというのが、近い将来のスタンダードになる可能性はあります。
しかし、iphoneのディスプレイはiphone 6以降割れやすいと言われていますし、SamsungのgalaxyもNote7で爆発を起こしてしまっているなどの問題を抱えているので、今は実用化というのは現実的ではない話かもしれませんが、PC用のWEBサイトも容易に閲覧が可能になるなど、使いやすさも向上すると思います。
私は、映画はスマートフォンではなくFireTVで見ているので、折り畳み式の大画面スマートフォンが出ても当分はiphone 6 plusぐらいの画面サイズでことが足りてしまうと思いますが大画面に対応したアプリの開発も進んで、大画面でなければ不自由だと感じる時代になれば帰ると思いますが。