携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

Apple 20年間の製品デザイン写真集を出版

Appleは2016年11月15日(現地時間)、Appleのデザインの歴史20年を振り返るハードカバー写真集「Designed by Apple in California」を出版しました。

目次

Appleの歴史を詰め込んだフルカラー写真集

Designed by Apple in California

1998年発売のiMacから2015年発売のApple Pencilまで、数々のApple製品が1ページに1製品ずつ450ページのカラー写真で掲載されています。
また、Appleのデザインチームが製品に採用してきた材料や技術説明も掲載されています。
Appleの最高デザイン責任者、Jony Ive氏はDesigned By Apple In Californiaの前書きで、「これは私たちの仕事を客観的に表現したものであり、そのことが結果的に私たちが何ものなのかということを伝えています」と述べています。

本写真集は特別な製造工程で作られており、金箔つや消し銀縁を施して専用染色された紙に、8色分解と低ゴーストインキを使って印刷されています。
亜麻糸で製本されたハードカバーのこの本の開発は、故スティーブ・ジョブズ氏が存命時から行われており8年という年月がかけられたとのことです。

日本でも購入可能なのか?

「Designed by Apple in California」には大小2つのサイズがあり、大(13″ x 16.25”)が30,800円、小(10.20″ x 12.75″)が20,800円です。
日本、オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、韓国、台湾、イギリス、アメリカのApple.com、そして一部のApple Storeを通じての限定販売で、この本を販売するApple Storeでは展示も行なわれます。
日本国内のApple Storeでは銀座店のみ販売・展示をしています。

www.apple.com

Appleは製品を保存していなかった

Appleのデザイン最高責任者ジョナサン・アイブ氏が、祖国のイギリスメディアのインタビューで製作秘話を語りましたが、衝撃の事実が語られました。

youtu.be

「過去の製品を保存することに時間と労力を割いていなかった為、この本に収められている製品の多くを買いに行かなくてはならなかった」というのです。
常に未来の製品を生み出すことに全精力を注いでいたためとその理由を説明していますが、ハードウェア企業が製品を保存していないのはびっくりですね!
Appleだと逆にそれもおしゃれみたいな扱いになるのでしょうか笑

まとめ

Apple.comとApple Storeの限定販売となっていますが、冊数の限定はなさそうなので、プレミアになるようなものではないのかもしれませんね。
しかし、この写真集もApple信者にはたまらない一冊かもしれないですね。
全商品を購入したことがある強者信者がいるのか気になりますね!

私は買いませんが、銀座に行く機会があれば、Apple Storeに立ち寄って展示品を見てみたいです!