携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

AppleがiPhnoe 6sが突然シャットダウンしてしまう不具合対応プログラムを発表

2015年の発売当初から、iPhone6sやiPhone6s Plusの一部ユーザーから、バッテリー残量が十分に残っているのにもかかわらず、電源が突然落ちてしまうという症状が多数報告されていました。

目次

対象であれば無償でバッテリー交換が出来ます

Appleが交換プログラムを発表

iPhone6s発売、不具合の発生が報告され始めてから1年以上経ってようやくAppleが交換プログラムを発表しました。
2015年9月〜10月に生産された、iPhone6Sのみが対象で、該当ユーザーはApple StoreかApple正規サービスプロバイダに対象端末を持ち込めば、バッテリーを無償交換してもらえます。
自分のiPhone6sが対象かどうかは、専用ウェブページに設置されたシリアル番号入力フォームに、自身の端末のシリアル番号を入力することで分かります。
しかし、対象端末でも画面割れ等、他の不具合があった場合はそれらが修復されてからのバッテリー交換となるそうです。

修理対象者が実際よりも少なく、怒りが収まらない人も現る

iPhone6sが対象

先日、画面をタッチすることが出来ないタッチ病でiPhone6Plusの有償交換対応を発表しましたが、その時もAppleはiPhone6Plusを対象にして、iPhone6を対象外としました。
実際にはiPhone6ユーザーでもタッチ病を起こしているユーザーは世界中にいるらしく、対象外なことにSNSなどで怒り爆発のようです。
更に、無償ではなく有償での交換ということで、カナダやアメリカではユーザーによって、Appleに対して集団訴訟の準備が進められているようです。
今回も、非常に限られた台数のiPhone6sが対象とのことで、同じ不具合に悩まされている、対象外のユーザーの怒りを買うことは必至だと思います。
他のスマートフォンと比べて高価な位置づけのiPhoneシリーズなで、性能だけでなく、サポート面でも他のスマートフォンより以上に手厚くなるとユーザーとしては、高いお金を払ってでも買おうかなと思えると思います。

まとめ

タッチ病や今回の突然シャットダウンしてしまう不具合についても、Appleの対応は遅い上に非常に少数に限定されています。
昨今のスマートフォン業界は流れが速い上に、悪評がつくとたちまち売上も劣勢に立たされてしまいます。
私もandroidからiPhoneに乗り換え組ですが、日本でも実質0円販売が禁じられたので、今後の性能、価格、サポート次第ではandroidに戻ることも検討する必要があるかなと感じました。

スポンサーサイト

追記:Apple公式サイトでシリアルナンバーの入力画面が登場しました

Appleの公式サイトで、バッテリー交換対象端末かを判定できる日本語版のページが公開されました。
設定アプリから一般>情報の中にあるシリアル番号を判定ページに入力すれば交換対象か判定されるそうです。
気になる人はチェックしてみてください!

追記:原因をAppleが説明

2015年9月から10月に製造された一部のiPhone6sに搭載されているバッテリーが本体に搭載される前に通常より長い時間空気に露出していたことが原因だとAppleが述べました。
その為、通常のバッテリーよりも劣化が早くなり、今回の問題を引き起こしてしまったということです。

今回のシャットダウン問題を徹底的に調査したところ他に要因が見つからなかったということです。

しかし、iPhone6sで交換対象外の端末や他のiPhoneシリーズでもシャットダウン問題は起こっているようです。

追記:診断機能付きでiOSアップデート

12月6日にAppleが更新した中国向けのサポートページに、以下のような記述が掲載されました。

”一部のお客様から、影響を受けた範囲以外の端末でも、予期せずシャットダウンするとの報告をいただいています。
必要な情報を収集するため、来週に公開されるiOSのソフトウェアアップデートに、診断機能を盛り込む予定です。
この機能により、バッテリーのパフォーマンスとシャットダウン問題に関する情報を集め、対策ができ次第、ソフトウエアアップデートとして公開する予定です。”

12月11日から17日までの間にOSアップデートをする予告ですが、文面からすると問題に関する情報収集の為であって、問題解決用のアップデートではないようです。