携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

Apple、ガラス製ボディの特許申請。2017年に販売のiPhoneに実装か

2017年は、iPhoneの販売開始から10周年ということで、iPhone7シリーズの販売開始直後から既に次回作のリークや噂が多く出回っています。
これまでもワイヤレス充電になること画面のどこに触れてもロックを解除出来るなど様々な情報が出ています。
これら全てが次回作とうわさされている、iPhone8に実装されるかはわかりませんが、今回Appleは新たにガラス製ボディの特許申請を行いました。

目次

スポンサーリンク

強くて軽いガラス製ボディ

強くて軽いガラス製ボディ

iPhone8はベゼルフリーや有機EL(OLED)になることが現在噂されており、これまでのiPhoneシリーズから外観デザインが大幅に変更になることが予想されています。

Appleは「ガラス製筐体」という名前で特許申請を行ったようです。
薄く、軽く、電波をよく通し、強度が高くキズのつきにくいガラス製ボディの端末を製造するための特許で、Appleは複数の層からなるボディではなくガラス製の筒状のボディを用いることによって、端末を耐水化することが容易になると主張しているようです。
また、ガラスは電波を通しやすいため、iPhone6以降のiPhoneのように、金属製ボディにアンテナラインを刻む必要もなくなります。

つなぎ目のない一体型の筐体

強くて軽いガラス製ボディ

この、ガラス製ボディは、ガラスを筒状を加工して端末を包み込む仕様のようです。
つなぎ目のない一体型の筐体にフレキシブルディスプレイを組み込むようですが、Appleは申請書類の中で、フレキシブルディスプレイはOLEDではなく、液晶ディスプレイだと説明しています。

OLEDになると噂されていますが、生産ラインの確保が難しいとの情報もあり、見送られる可能性もあります。
しかし、iPhone8とされるコンセプト画像に今回の特許の絵が似ているので可能性は高いと思います。
iPhone8
これだけ湾曲したディスプレイになるとすれば、やはりディスプレイはOLEDではないかなと私は思います。

まとめ

現段階では噂に過ぎませんし、他社に真似されない為に、製品化しない場合でも特許を取ることも多いです。
どのような機能、デザインになるか楽しみですが、液晶割れの多いiPhoneで果たしてガラス筐体はどうなのかなという不安もあります。
本体ごとバキバキにならなければいいですが…
しかしながら、10周年のiPhoneにはとても期待していますのでAirPodsのように発表されても発売日不明みたいなことにならないようにしてもらいたいですね。

それと、ベゼルフリーで湾曲したディスプレイだとしたら、本体のケースはどのような物になるのか気になりますね!
これまではサイドのフチに引っ掛けるようなイメージでしたが、コンセプト画像のような筐体だと、サイドもディスプレイなので、背面にシールのように貼り付けるしかないような気がします。