携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

Appleが2011年製MacBook Proなどのサポートを2016年12月31日終了

Appleは製造終了から5年以上7年未満の製品をビンテージ製品、7年以上経過した製品をオブソリート製品としてサポートを終了します。
ビンテージ製品は条件を満たしていればサポートを受けることが出来ますが、日本国内で購入したApple製品は条件に該当しない為、製造終了後5年以上経過でサポートが受けられなくなります。
最近ではiPhone4がこのリストに追加されたばかりです。

目次

スポンサーリンク

MacBook ProやMac miniなどが追加

MacBook Pro

今回追加予定はMacBook ProやMac miniなど下記4機種になります。

  • 15インチのMacBook Pro (Early 2011)
  • 17インチのMacBook Pro (Early 2011)
  • Mac mini (Early 2009)
  • 13インチのMacBook (Mid 2009)

部品等の発注も出来ないので修理はお早めに

オブソリート製品は例外なくハードウェアサービスが終了し、部品の発注もできなくなります。
その為、正規での修理が一切受けれなくなってしまいます。
2016年12月31日にリスト追加の予定ですので、該当機種を持っている方は、12月中に修理等を行っておくのが良いでしょう。

買い替えを安く済ませるなら整備品がおすすめ

これを機にMacBookの買い替えを検討する人もいると思います。
しかし、MacBookはやはり高価です。
そこでおすすめなのが、Apple公式ページにある「整備済製品&旧モデル新品」からの購入です。
Appleで整備されている製品なので、中古を買うぐらいであれば品質も保証されていて、Appleの1年間の特別保証もついてくるので、お得だと思います。

まとめ

iPhoneを始め、毎年のようにAppleの最新製品がリリースされています。
ということは、これからも毎年のようにビンテージ製品、オブソリート製品のリストは追加されていくのかと思います。
しかし、AppleはOS X製品とtvOS製品で4年間、iOS 製品とwatchOS製品は3年間を想定していると話しています。
4年想定で5年でビンテージ製品入りは早いんじゃない?って思う人もいると思いますが、製造開始からではなく、製造終了から5年なので、発売直後に買った商品であれば既に5年以上は軽く経過しているということになると思いますので、リスト入りが発表された商品は買い替え時なのかなと思います。