携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

Facebook Messengerでゲームが出来るInstant Gamesを発表

Facebook Messenger Instant Games

Facebookはアメリカで現地時間2016年11月29日に、Facebook Messengerでゲームが出来る「Instant Games」という新しい機能を発表しました。
Facebookでゲームと言えば、「Farmville」や「Candy Crush」などを以前に出したことがあったが、スパムじゃないかというぐらいに友人からの通知がたくさん来て、困惑したユーザーもいて、あまりいい印象はないですが今回はどうでしょうか。

目次

スポンサーリンク

LINE GAMEとは違いInstant GamesはMessengerアプリ内でプレイ

Facebook Messenger Instant Games

ツムツムなどのLINE GAMEは自身のLINEアカウントを使用しますが、LINEのメッセージアプリとは別にゲーム用のアプリをダウンロードする必要があります。
しかし、MessengerのInstant GamesはHTML5を利用することで、端末にゲームアプリをインストールすることなく、ゲームをプレイすることが可能です。
Messengerアプリでは、メッセージをやり取りする画面の下部にゲームコントローラーのアイコンが現れ、それをタップすることで、会話相手と一緒にプレイすることが出来ます。
グループ (複数人) でのプレイ、スコアの共有なども可能ですがもちろん1人でのプレイも可能です。

Facebookニュースフィード上の投稿を非表示にすることが可能

Facebookアプリでは、ニュースフィードに現れた投稿からゲームをプレイすることができ、お気に入りのゲームを登録したり、1人でプレイしたスコアをMessengerの記録に持ち込むこともできます。
ここで懸念されるのが、ニュースフィードがInstant Games関係のことで埋め尽くされてしまい、通常の投稿が見づらくなってしまうことです。
「Farmville」や「Candy Crush」の時は、ニュースフィードや、友人からの招待の通知がたくさん来て、私自身もスパムかと思いプレイしなかったです。
しかし、Facebookのグローバルゲームパートナーシップディレクターを務めるLeo Olebe氏は今回は通知が押し寄せることはないと断言しました。

ネットユーザーをゲームに誘導するためのより良いアイデアを開発者らが見出しつつあることや、ほとんどのゲームが急速な拡散をそれほど重視する形ではもはや設計されていないことがその理由だと同氏は述べており、通知に悩まされた場合は、Messenger上のスレッドを非表示にするか、Facebookニュースフィード上の投稿を非表示にすることが可能だそうです。

デフォルトではバンバン表示されるので、不要な人は手動で非表示にしていく必要があるということですね。

30か国、17種類のゲームで提供開始
しかし、OSは最新でなければならない

Facebook Messenger Instant Games

Instant Gamesはアメリカ、日本、オーストラリアなどを含む30カ国で提供開始されますが、この記事を書いている2016年11月30日17時現在で私のFacebook Messengerはアップデートが配信しておらず、まだInstant Gamesのアイコンはありませんでした。

配信開始時は17種類のゲームが提供され、得点を競い合うゲームしかないのが特徴です。
種類は順次増えていき、プレイは無料で行えます。
17種類は以下の通りです。

  • 「パックマン」(バンダイナムコエンターテインメント)
  • 「ギャラガ」(バンダイナムコエンターテインメント)
  • 「アルカノイド」(タイトー)
  • 「スペースインベーダー」(タイトー)
  • 「ハイパースポーツ トラック&フィールド(100M走)」(コナミデジタルエンタテインメント)
  • 「Words with Friends: Frenzy」(Zynga)
  • 「Shuffle Cats Mini」(King)
  • 「EverWing」(Blackstorm)
  • 「Hex」(FRVR)
  • 「Endless Lake」(Spil Games)
  • 「Templar 2048」(Vonvon)
  • 「The Tribez: Puzzle Rush 」(Game Insight)
  • 「2020 Connect」(Softgames)
  • 「パズルボブル」 (タイトー/Blackstorm)
  • 「ズーキーパー」(KITERETSU)
  • 「Brick Pop」(Gamee)
  • 「Wordalot Express」(MAG Interactive)

対応OSはiOS、Android ともに最新バージョンが対象となっているので、iOS10、Android 7.0 Nougatが対象になると思われます。
Android 7.0 Nougatは対応機種がまだ少ないのでAndroid ユーザーはプレイできない人が多いかもしれません。

まとめ

個人的には、Instant Gamesはプレイしないと思います
理由はリスクがあるからです。
そのリスクというのは、LINEでの連絡のやり取りが日常的な私は、Facebook Messengerでのやり取りが極端に少ないです。
Facebook Messengerでやり取りをする人というのは、LINE IDや電話番号を知らない間柄の人、つまりはそこまで親しくない人ということになります。
Messenger上で1人でゲームを楽しんでいても、誤って自分のスコアを共有してしまう可能性がありそうだからです。
LINE GAMEでも普段連絡を取り合わない人に誤って、ハートやリンゴを送ってしまう事があり、それが嫌でプレイしなくなったので、Instant Gamesも同じようにプレイはしないでしょう。

ズーキーパーやアルカノイドなど、iTunesで普通に配信されているゲームなので、やりたければそちらからやります。