携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

丸型のApple Watchが将来誕生するかも。Appleのラウンドフェイス型の特許申請

現在発売されているApple Watchは長方形で角が丸みを帯びたデザインです。
この形はApple Watchの特徴であると思いますが、ラウンドフェイスの特許申請を行っているということで、将来的に丸型のApple Watch発売したい意向があると思います。

目次

スポンサーリンク

ラウンドフェイスの特許申請を2回もおこなっていた

ラウンドフェイス

アメリメリカ特許商標庁(USPTO)がAppleが2015年12月と2016年1月に申請を行ったとされる特許申請書を公開しました。
どちらも丸型のディスプレイを搭載した電子デバイスということで申請されています。
イラストを見る限り、iPhoneやiPadではなくApple Watchということが想像できると思います。

技術的には十分作成可能だと思いますが、メールなどを見る場合にラウンド型だと文字数が均一に並ばずに見づらくなりそうな気がします。
他にも現在のApple Watchでは使えてラウンドフェイスでは使えなくなるアプリが出てくる気がします。

しかし、ラウンドフェイスを真剣に検討しているということは、一般のユーザー狙いではなく、高級腕時計を作るつもりなのかなと私は思いました。

ラウンドフェイスのスマートウォッチではAppleは他社から遅れている

Apple Watch

スマートフォン市場で、iPhoneはなかなかシェアを伸ばすことが出来ず、苦戦を強いられています。
しかし、スマートウォッチの市場では2016年の出荷台数の約50%をApple Watchが占めているほど、市場を独占しています。
今後もいろんなメーカーやブランドからスマートウォッチが出てきて、市場拡大することが見込まれていますが、「時計と言えばラウンドフェイスしかつけない」というようなこだわりをもったユーザーも絶対いると思います。そういったユーザーに現行のApple Watchは受け入れられていないということになります。
MotorolaのMoto 360、SamsungのGear S2Gear S3、LGのWatch Urbaneなど他メーカーは既にラウンドフェイスモデルを発売しているので、今後スマートウォッチがスタンダードになった場合に現在の市場独占状態を守れなくなる可能性もあります。

その為、そう遠くない将来にラウンドフェイスのApple Watchが登場すると思います。

まとめ

正直、私自身はスマートウォッチにあまり魅力を感じていません。
アナログ時計の重厚感だったり、クラシカルな感じが好きなのと、腕時計に時間確認以外の機能を求めていないからです。
そのうえ、充電持ちも現状では良いと言えないので、今はスマートウォッチが欲しいと思いません。
しかし、スマートフォンの普及によりフィーチャーフォンやウォークマンがスタンダードでなくなったように、腕時計もっスマートウォッチがスタンダードになる時代がいつかは来ると思いますが、ロレックスやオメガのような高級腕時計が男のロマンという時代から、Apple Watchが男のロマンとなる日は来るのでしょうか笑