携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

楽天モバイルが個人向けドローン「MAVIC PRO」とハンディスタビライザー「OSMO MOBILE」を発売!

皆さんの持つモバイルキャリアのイメージって何ですか?

私は、携帯電話の通信や通話の契約、端末の購入をする会社だと思っていました。
しかし、携帯以外にもいろいろ購入できることを知っていましたか?
店舗に行けば、保護フィルムや、ケース、充電器、イヤホンなど端末以外にもいろいろ売っていることがわかると思いますが、どのアクセサリも販売している端末のメーカーが出している純正品が売られているというようなイメージでした。

しかし、大手3キャリアの公式オンラインショップを見てみると、純正品以外にも様々な商品が取り扱われていました。
特にSoftbankは、タカラトミーのプラレールロボットなど、一見すると携帯端末とは関係ないほどバラエティー豊かな商品ラインナップでした。

MVNOメーカーは安さがウリで、オプションなどをそぎ落としているイメージで、アクセサリの取り扱いは少なそうですが、2016年12月9日に楽天モバイルから、個人向けドローン「MAVIC PRO」とハンディスタビライザー「OSMO MOBILE」が発売されます。

目次

スポンサーリンク

スマートフォン端末とセット購入で割り引き、個人向けドローン「MAVIC PRO」

MAVIC PRO

楽天モバイルはDJI製個人向けドローンMAVIC PROの発売を発表しました。
MAVIC PROは非常にコンパクトで、折りたためば500mlのペットボトルほどのサイズになります。
有効約1235万画素のカメラを搭載しており、最長4kmの距離から撮影が可能です。
マークした被写体を自動追尾して撮影する機能やデバイスの向きを保つ3軸の回転台を備えており、一定の高度を保ちながら移動できるのも特徴です。
最長で27分の飛行が可能なようです。

私自身ドローンはラジコンの一種だと思っていたので、玩具の分類かと思っていましたが、スマートフォンをコントローラーとする事や、空撮したデータをスマートフォンで管理したりと、スマートフォン端末との相性が良い為、アクセサリとして扱われているようです。
楽天モバイルでの販売価格がMavic Pro Fly Moreコンボ単体で一括15万5800円(税込)ですので、スマートフォン端末よりはるかに高いのは気になりますが…
楽天モバイルでは、対象のスマートフォンとのセット購入で最大1万3000円割引や、SIMカードとのセット購入で容量10GBまでのプランであれば、月額基本料を3カ月間無料にするなどのプランを用意しています。

ブレのない動画撮影を可能とするハンディスタビライザー「OSMO MOBILE」

OSMO MOBILE

ドローンともう一つ楽天モバイルからDJI製のOSMO MOBILEが発売されています。
OSMO MOBILEは、スマートフォンを装着して使う手ブレ補正付きの撮影ツールです。
ドローン同様に3軸の回転台を備えており、モーターで動かすことで、手ぶれを補正することが出来ます。
更に、AndroidとiOS向けの専用アプリを用意し、スマートフォンとの間をBluetooth接続することで、アクティブトラックなど、さまざまな機能の使用可能が可能です。
価格は3万4992円(税込)となっており、こちらは端末とのセット割引などのプランは無いようです。

楽天モバイルからドローン発売の理由とは

楽天モバイル

MVNOがドローンのようなアクセサリを取り扱うのは非常に珍しいです。
ドローンを扱っているのも大手3キャリアではSoftbankのみで、auとdocomoでは取り扱いがありませんでした。Apple StoreではMAVIC PROもOSMO MOBILEも売っていました!
楽天モバイルの黒住氏は「モバイルの領域はスマートフォンだけで作られてきたわけではなく、その周辺も含めて大きくなってきた。その過程で起きた技術革新がライフスタイルを変えていくきっかけになる」と話し、これからもスマホと連携するデバイスは幅広く取り入れていく方針だということを明らかにしました。

まとめ

格安をウリにしている楽天モバイルが、端末よりも高価なドローンやハンディスタビライザーを販売することは、本末転倒な気もしますが…
しかし、Softbankで販売のドローンはMAVIC PROではないので大手3キャリアで取り扱いがない商品を販売することは差別化も出来て、良いと思います。需要があるのか不明ですが。
ただ、スマートフォンの進化に伴い、連携端末も増えると思いますので、今後どのようなアクセサリが登場するのか気になりますね!