携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

スマホシェア世界3位のHUAWEIが、スマートフォン「HUAWEI Mate 9」、タブレット「HUAWEI MediaPad M3」、スポーツリストバンド「HUAWEI FIT」の発売を発表

2016年12月13日にHUAWEIが発表イベントを開催しました。
その冒頭で2016年のHUAWEIの世界での端末販売台数シェアがや、日本国内の家電量販店での販売台数を示しているBCNのデータについて話がありました。
世界での端末販売台数シェアはApple、Samsungに次ぐ3位で、日本国内ではApple、SONY、SHARPに次ぐ4位のようで、格安SIMが定着してきた日本国内でもコスパの高いHUAWEIの端末は好まれているようです。
そんなHUAWEIが2016年12月16日から販売を開始するのが、ハイエンドモデルのスマートフォン「HUAWEI Mate 9」と8.4インチのタブレット「HUAWEI MediaPad M3」、心拍数センサーを搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」です。

目次

スポンサーリンク

ライカダブルレンズ搭載の、HUAWEI最上位モデルの
HUAWEI Mate 9

のHUAWEI Mate 9

HUAWEI Mate 9は、HUAWEI最上位のCPU「Kirin960」で、OSにAndroid7.0を搭載して、5.9インチのフルHD液晶ディスプレー、メモリーは4GB、ストレージは64GBと高性能ですが、大画面ディスプレーだとバッテリーの持ちが心配になります。
しかし、HUAWEI Mate 9は4000mAhの大容量バッテリー搭載なので、バッテリー持ちも心配いらないです。
アウトカメラは、カラーなら1200万画素、モノクロなら2000万画素の撮影ができる第2世代ライカダブルレンズカメラを搭載。
フロントカメラは800万画素で、10段階の美肌効果を選択できる「ビューティーモード」や、大勢の中で自分の顔だけ認識して美肌に仕上げてくれる「パーフェクトセルフィー」も搭載しています。
更に、2枚のSIMを待ち受け出来るDSDS対応と、非の打ちどころがない機種だと思います。
市場想定売価は60,800円(税抜き)で、この端末に限り、液晶画面が破損しても90日以内に1回なら無料で修理するサービスを用意されるそうです。

音にもこだわった高性能タブレット
HUAWEI MediaPad M3

HUAWEI MediaPad M3

HUAWEI MediaPad M3は8.4インチの2K液晶ディスプレーを搭載し、アメリカハーマンのチューニングによるステレオスピーカーに加えて、ヘッドホン端子には旭化成エレクトロニクスの高音質DAC「AK4376」を採用しているなど、音にもこだわったタブレットです。
CPUはKirin950で、メモリは4GBで指紋センサーも搭載しています。
市場想定価格は、シルバーのスタンダードモデルの、Wi-Fiモデルが31,980円(税抜き)、LTEモデルが37,800円(税抜き)になります。

また、プレミアムモデルも用意され、本体カラーがゴールドのLTEモデルで、AKGのイヤホンと専用カバーが付属して42,800円とるそうです。

6日間連続使用可能なスポーツリストバンド
HUAWEI FIT

HUAWEI FIT

HUAWEI FITは1.04インチのメモリー液晶ディスプレーに、心拍数を測定できるセンサーなど、6軸センサーを搭載したスポーツリストバンドです。
スイミング時などにも装着可能な防水で、活動量計測や睡眠のモニタリング、タイム計測が可能です。
AndroidとiOSに専用アプリが配信され、インストールすることで、Bluetooth接続で、タイムなどの記録管理が出来ます。
重さ35gで、スマートウォッチではネックの連続使用時間はなんと、6日間なので睡眠時も安心して使用できると思います。
バンドのカラーはブラックとオレンジの2種類から選択が出来て、市場想定価格は15,800円(税抜き)となります。

まとめ

スマートフォンとタブレットはイオンモバイルと楽天モバイルで取り扱われるほか、家電量販店やAmazonなどのECサイトでも購入が可能です。
HUAWEI Mate 9はサブ機というよりメインでの使用が良いでしょうが、HUAWEI MediaPad M3のWi-Fiモデルなんかは家庭用で1台あってもいいと思います。
スマートウォッチもランニングなどする人にはおすすめだと思います。