携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

年末年始帰省者に朗報 山陽新幹線でトンネル内など全線で携帯電話通信が可能に

JR西日本の山陽新幹線では広島~下関間に山間部やトンネルを多く通ることでほとんど圏外でした。
JR西日本では、docomo、au、Softbankの大手3キャリア協力のもと携帯電話通信が出来るよう改善作業を行っていました。

目次

スポンサーサイト

峠山トンネル~厚狭駅および厚狭~小倉駅間のサービス開始は2016年12月22日から

山陽新幹線

JR西日本はトンネルなどの人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話などが使用できない地域において、移動通信用中継施設などを設置して携帯電話などを利用可能にするなど、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用しての工事として、大手3キャリア協力のもと少しずつ山陽新幹線内での携帯電話通信が出来るように、サービスを拡大してきました。
山陽新幹線の走行区間で電波が通っていなかった「峠山トンネル~厚狭駅および厚狭~小倉駅間」で2016年12月22日の始発列車より携帯電話通信サービスを開始する事を発表しました。
これによって山陽新幹線運行エリア全てで携帯電話通信が可能になり、数年間続いた電波遮へい対策事業は完了になります。
年末年始の帰省ラッシュ前にサービス開始になったことはユーザーにとってはとてもありがたいことだと思います。

北陸新幹線でも同様の対策工事を行う

北陸新幹線のエリアもトンネルなどの障害が多く、圏外になるエリアが多い為、これから改善に向けて対策を行っていくそうです。
まずは金沢~黒部宇奈月温泉駅間および黒部宇奈月温泉駅~新親不知トンネル西側間のトンネル内など携帯電話不感地帯の解消に向けた対策工事が行われます。

まとめ

通信が改善されても電車内での通話等はマナー的によろしくないのでやめましょう!
MVNOも大手キャリアの通信網で利用できるので、恐らく山陽新幹線の全エリアで利用出来るのではないでしょうか。
しかし、走行中は常に電波を探しながらの通信となるため、圏外でなくても繋がりにくかったり、通信量も通常よりも多くなってしまうので注意が必要です!