携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

2017年1月9日でAppleの初代iPhoneが発表されてから10周年を迎えました。

2007年1月9日にサンフランシスコで開催された、「Macworld 2007」で初代iPhoneが発表されました。
これを記念してアメリカのApple公式サイトでは、「iPhone at ten: the revolution continues(iPhone10周年、革命は続く)」という題名でコメントが掲載されています。
革命は続くということで、iPhone8と噂されている10周年モデルのiPhoneにも期待が高まりますね。

目次

〈スポンサーリンク〉

初代iPhoneの登場は世界の携帯電話市場を変えたのではないか

iphone

2007年頃には既にiPodが世界的に人気があり、カラー液晶に大容量でビデオ再生も出来るiPodや小型のiPod nanoなどがあり、iTunesでも映画などが取り扱われていました。
初代iPhoneはiPodの機能と携帯電話の機能を合わせたような印象ですが、4GBと8GBの容量しかったので、音楽を入れてしまうと画像などが保存出来なくなってしまうので、iPhoneに音楽は入れずに音楽用にiPodが必要だったと思います。
日本国内にiPhoneが入ってきたのは、初代から約1年後に発売されたiPhone3Gからで、当時はSoftbankからしか販売がありませんでしたが、その後auでも取り扱うようになり、今ではdocomoでも取り扱いされるようになり、日本では50%以上がiPhoneを使用しているといわれています。

なぜ、iPhoneが携帯電話市場を変えたのかというと、それまでもスマートフォンと呼ばれている物はありましたが、代表されるのはblackberryなど、キーボードがあるスマートフォンばかりでした。
しかしiPhoneは、物理的なボタンはホームボタンのみというシンプルな作りが特徴で、以降に誕生したスマートフォンはキーボードが無いタイプが主流になりました。
今では日本国内ではガラケーが姿を消し(現在の折り畳み携帯はAndroid搭載)、blackberryもスマートフォン業界から撤退するなど、iPhoneの登場により市場が大きく変化したのだと思います。

〈スポンサーリンク〉

 

iPhone登場時の日本の携帯事情はどうだったのか

W52SH

2007年の携帯事情について調べてみたら、ITmediaに2007年度、最も売れたケータイは?という記事があり、総合1位はauのW52SHでした。
W52SHはワンセグにおサイフケータイもついて、画面も回転するなど、当時のガラケーでは高機能だと思います。
当時は連絡先の交換など赤外線通信で行っていたのを思い出しました。
docomoでは液晶の下に1,2,3とボタンのついたらくらくホンも当時の人気商品でした。
今ではらくらくホンもスマートフォンの形になりましたね!
2007年は日本ではまだiPhoneが登場していないので、今思うと時代に取り残されているような感じがします。

まとめ

16和音とか着うたとか着うたフルとか言ってた時代がすごく懐かしく感じましたが、この10年で大きく変わったと思います。
これからの10年はどう変わっていくのか、今から楽しみですね!