携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

docomoも学割プランを発表 割引条件が複雑で最大割引を受けれるユーザーは皆無かも

docomoは1月17日に、25歳以下のユーザーを対象とした「ドコモの学割」を発表しました。
ドコモの学割は1月20日より受付を開始し、25歳以下の新規契約者に適用されます。
最大で、1年間月額1,500円でdocomoのスマートフォンを利用することが出来ますが、条件が複雑なので、最大限に割り引きを受けれるユーザーは少なそうな気がします。

目次

ドコモの学割

25歳以下のユーザーで新規契約なら最大1,500円引きで毎月1GBのデータ通信量付き

25歳以下のユーザーでdocomoでXi(LTE)に新規契約し、基本プラン「カケホーダイ」か「カケホーダイライト」のいずれかと、パケットパックに申し込むことで、1年間にわたって毎月の基本使用料を1000円割り引きされます。
上記にU25応援割を併用すると、26歳の誕生月まで更に500円が割り引気になるので、実質1年間毎月1500円の割り引きとなる。
ただしカケホーダイライトはU25応援割の500円引きは対象外の為、カケホーダイライトで契約をすると最大限に割り引きを受けることが出来ません。
またU25応援割では、26歳の誕生月まで毎月1GBのデータ通信量をプレゼントされます。

しかし、最安値の月額1,500円になる為には更に複雑な条件が

25歳以下、新規契約者、基本プランカケホーダイなど、上記だけでも最大割り引きに該当するユーザーは少なそうですが、これらの割り引きを受けて最安値の月額1,500円になるには更に条件が必要になります。
家族でデータ通信量を分け合えるシェアパックに学割対象ユーザーの回線を新規で追加して、基本プランにカケホーダイライトを選択すると、割り引き後の月額料金は、カケホーダイライト(700円)+spモード利用料(300円)+シェアオプション定額料(500円)の1500円からとなるそうです。
ここまで条件を満たせるユーザーが全体の何%になるかわかりませんが、かなり少ないのではないでしょうか。

 

既存のドコモユーザーには、dポイントを1年間毎月1000ポイント進呈

ドコモの学割対象は新規契約者に限定されていますが、既にドコモの回線を利用している25歳以下のユーザーはドコモの学割を利用ることは出来ませんが、既にカケホーダイ&パケあえるの基本プランを利用していて、「ウルトラシェアパック50/100」「ウルトラデータL/LLパック」のパケットパックを利用することで、dポイントが1年間毎月1000ポイント、1年間で12,000ポイントがプレゼントされます。

dTVなど、ドコモのオプションサービスに加入で毎月500ポイントがもらえる

ドコモの学割対象ユーザーで「dTV」「dマガジン」「dヒッツ powered by レコチョク」「dアニメストア」「おすすめパック」のいずれかを契約すると、dポイントを2017年7月利用分まで毎月500ポイントプレゼントも実施されます。
複数契約の場合でも毎月500ポイントの模様です。

25歳以下なら、3月~6月まで毎月おいしい特典が無料でもらえる「ゴチ4」

ゴチ4

ドコモの学割加入でdポイントカード/dカード/dカードGOLDを保有し、dポイントクラブ会員の方(利用者登録必須)は3月~6月まで毎月おいしい特典が無料でもらえるようです。
詳細は未発表ですが、イメージとしてはSoftbankのSuperFridayのような物でしょうか。
しかし、学割加入が条件なので、SuperFridayの様に大盛況とはいかないでしょう。

まとめ

大手3キャリアの学割で、最安値はMVNOメーカーをしのぐほどの安さであり、MONOへの対抗というように見えますが、最大割引を受ける為の条件が複雑すぎます。
「最大1年間毎月1,500円/月からスマホが使える!」とdocomoの公式ページにはありますが、最大1年間毎月1,500円/月で利用できるユーザーはほとんどいないと思います。
docomoよりも先に発表されていた、auやSoftbankの学割プランも、2017年5月末までに家族が新規加入したうえで、自宅にネット回線が通っていなければならないなど、最大割引を受ける為のハードルが高くなっています。
その為、これから新規契約して学割の恩恵を受けようと思っている人は実際あまり割り引きが適用されない場合もあるので、注意が必要です。
大手キャリアとMVNOの価格競争の中で、いかに安く、お得に見せられるかが各社の争点になっているようなので、今後更に複雑なプランが次々登場しそうな予感がします。