携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

KDDIとタカラトミーがコラボレーション INFOBARがトランスフォーマーへ変形する

テクノロジー

au design projectとして、無印良品デザイナー兼アドバイザリーボードメンバーの深澤直人氏を迎えて始動しました。
au design projectの第一弾商品が2003年に発売したINFOBARで、ニューヨーク近代美術館にも収蔵されています。
そんな、初代INFOBARとタカラトミーの変形玩具トランスフォーマーがコラボレーションした商品が発売されます。

目次

au×TRANSFORMERS PROJECT

au×TRANSFORMERS PROJECT

携帯電話とハリウッド映画にもなった玩具の異色コラボレーションは、2017年にINFOBARを生み出した、au design projectが15周年、トランスフォーマーはハリウッド映画化10周年節目を迎えることから実現しました。

初代INFOBARからトランスフォーマーの人気キャラへ変形

au×TRANSFORMERS PROJECT

au×TRANSFORMERS PROJECTから登場するのは初代INFOBARのNISHIKIGOI・ICHIMATSU・BUILDING3種類からトランスフォーマーの人気キャラクター、オプティマスプライム・バンブルビー・メガトロンに変形する玩具です。

au×TRANSFORMERS PROJECT

玩具の為、ケータイとしては使用できませんが、Bluetooth内臓なのでスマートフォンとペアリングすると、着信などの通知があると内臓のLEDが点滅してお知らせしてくれます。
電池は充電式ではなく、ボタン電池を採用しており、ペアリングした状態で1カ月程度持続するそうです。
更に、IINFOBARの待ち受け画面を変更できるディスプレイカードが4枚付いています。

店頭販売はせずクラウドファンディングでの販売

クラウドファンディング

発売日など気になると思いますが、店頭などでの販売は一切行わず、Makuakeというクラウドファンディングを利用して販売されます。
クラウドファンディングは通常、プロジェクトに対して必要な資金を募集して、お返しとして何か特典を付けるものですが、au×TRANSFORMERS PROJECTは目標金額の達成有無にかかわらず、支援の申し込みが購入商品の購入となります。
申し込みコースは2種類で、INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)単体の購入で5,400円(税込)、3体セット+特製スリーブが16,200円(税込)となっています。
申し込みはすでに始まっており、最終締め切りは2017年3月30日(木)18:00となっています。
商品は2017年9月末ごろに郵送され、海外発送などは一切行わないそうなので、日本国内限定の商品になります。

まとめ

当時INFOBARの人気がすごくて、私の周りでも使用している人が多かったと思います。
今は本体ではなくケースで独自性を出すという感じですが、当時はケースなど無く、携帯そのもののデザイン性で勝負した、INFOBARはとても斬新でとても記憶に残っています。
今回の商品は、子供向けというよりも、当時を知る大人向けの商品ではないかなと思います。
申し込み開始から1日しか経っていませんが、既に1,000人を超える申し込みがあり、人気の高さがうかがえます。
申し込み者が全員購入できる仕組みなので、プレムアになることはないと思いますが、INFOBARファン、トランスフォーマーファンはゲットしたい商品だと思います。