携帯、スマホのいろいろ

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

nuroモバイルがデータ通信の概念を変える「5時間プラン」を提供開始

格安SIM、MVNOも多くのメーカーが参入しています。低価格はもはや当たり前で、プラスαのサービスが格安SIMにはこれから求められて来ると思います。
nuro mobileは利用ギガ数の制限をなくしたデータ通信プランを発表しました。

目次

nuroモバイルとは

f:id:takeiteasy7:20170202134739p:plain

まず、私もnuro mobile(ニューロモバイル)について無知だったので、調べてみました。
nuro mobile(ニューロモバイル)はNTTドコモの回線利用のMVNOで、Xperiaシリーズなどを開発しているソニーモバイルの子会社です。
元々はSo-net モバイル LTEとしてサービスを提供していましたが、2016年10月よりnuro mobileに変更して行っています。
nuro mobileは聞き慣れない感じでしたが、ソニーモバイル、So-net と聞くと急に大手キャリアにも引けを取らないメーカーだなと感じます。
newer simple.を理念に掲げ、低価格で各利用者に適したシンプルな価格設定で、データ通信容量も1GBごとに価格設定されているので、自分に合った料金プランを選ぶことが出来ます。

通信量ではなく時間で区切る「5時間プラン」

データ通信は通常、8GBや10GB、20GBなど月間のデータ通信容量で契約をして、それを超える通信は低速に制限されてしまうという仕組みです。
しかし、これだとあまり利用せず余らせてしまう人、利用しすぎて低速に制限されてしまう人が出てしまいます。
nuro mobileが2017年2月1日から提供開始した「5時間プラン」はこうしたデータ通信量の概念を無くし、1日5時間まで下り最大375Mbpsの高速通信を提供するというものです。
時間の減算判別は自動で行われ、一定容量を一定時間で消費すると高速通信と判別されて時間が減算されます。
カウントは5分単位で行われ、高速通信と認識されたら5分間はそれが維持されます。
5分後に再び基準に基づいて計測され、一定以下であれば時間の減産がストップします。
5時間に達するまでは、通信速度自体は常に最大速度を提供し、「一定容量・一定時間」の基準を満たした場合にのみ、時間消費が行われますので、低速、高速の切り替えがあるわけではないので、ストレスなく利用できます。
1日5時間以内であればデータ容量は何GBでも利用することが出来ます。
価格は月2,500円で、nuro mobileの10GBプランより200円割高です。

f:id:takeiteasy7:20170202134753j:plain

5時間プランの注意点

5時間プランにはいくつか制約があります。
・当日の余った時間は翌日や翌月への繰り越しが出来ない。
・高速通信時間のチャージが出来ない
・2GB〜10GBのプランと時間プラン間の変更は可能だが、繰り越し分のパケットやチャージ分のパケットは消滅する
繰り越しが出来ず、時間を使い切ってしまってもチャージが出来ないのは不便に思うかもしれませんが、データ容量方式の様に月単位ではなく、日単位なので、使い切ってしまっても翌日にはまた高速通信出来るので、問題はないと思います。

まとめ

データ通信量に制限がないことは魅力的ですが、時間で区切られている為、1日中使用しているような人には向かないと思います。
その為、1日の生活リズムやスマートフォンの利用の時間帯が決まっている人向けのプランになるかなと思います。
一定容量・一定時間というところが不明確ではありますが、LINEでのメッセージのやり取り程度は、時間の減算にならないようなので、5時間という制限以上に使えると思います。
これをきっかけに時間区切りのサービスも増えるかもしれないですね!