携帯、スマホのいろいろ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯、スマホのいろいろ

iphoneを中心にいろんな知識や物を紹介していきます。android携帯やipad、PCについても触れていきます。真偽については各自でお調べください。

Air Podsと同じW1チップ搭載のBeatsXがApple Store,Apple Online Store,auショップで2月11日から国内先行販売開始

テクノロジー

Air Podsと同じくW1チップ搭載のイヤホンで発売予定のBeatsXですが、これまで発売は2017年の年明けになるのではと噂されていましたが、年が明けてもローンチ情報は出ていませんでした。
W1チップ搭載機器は、ペアリングが簡単、バッテリー持続時間が長い、ビームフォーミングマイクで通話がクリアになるなど、これまでのワイヤレスイヤホンからものすごく進化していると思います。
現在販売されている機器でW1チップ搭載はAir Pods以外にも、Beats solo 3がありますが、スポーツ向けの首掛けタイプのカナル型のBeatsXが出ることで、ようやくW1チップ搭載で、ユーザーが好みのタイプで選べるようになるかなと思います。

目次

急速充電やかつてないバッテリー効率を実現したBeatsX

BeatsX

音質なども気にする人は多いと思いますが、ワイヤレスイヤホンで一番気にしなければいけないのがバッテリーです。
ワイヤレスイヤホンは平均して3時間から5時間の程度しかバッテリー接続時間がありません。
Air Podsは専用のケースに入れることで、使用していない時間に充電出来るので、長い時間使えるようになっていますが、それでも連続のバッテリー接続時間は公表値で平均と変わらない程度の5時間しかありません。
BeatsXは公表値でワイヤレスイヤホンの平均値を大きく上回る、8時間のバッテリー接続が可能とのことです。
更に急速充電にも対応していて、わずか5分の充電で2時間の使用が可能で、45分の充電で最大8時間の使用が可能とのことです。

カラーはホワイトとブラックから選択可能で専用ポーチも同梱

BeatsX

本体カラーはホワイトとブラックから選択出来きます。
本体と同梱で、ライトニングケーブル、専用の小型ケースがついています。
小型ケースに収納すれば持ち運びにも便利です。
アメリカでは2月10日発売で、日本国内はApple Store,Apple Online Store,auショップで2月11日から4月11日までの先行販売で価格は14,800円(税抜)となっています。
先行発売という事は正式な発売はまだ先なようですが、先行発売に購入条件はないので、誰でも購入が可能です。

まとめ

カナル型で首かけコードが付いているBeatsXはランニングなど、スポーツをする人には重宝しそうなイヤホンではないかなと思います。
Air Podsも非公式ですがネックストラップが販売されているので、やはり首かけタイプの需要はあるのかなと思います。
個人的にはApple純正のEar Podsが耳に合わないので、カナル型のならイヤーピースを付け替えることで、自分の耳に合うサイズに変更することが出来るので良いと思います。